住宅ローンの窓口ONLINE |

電話で相談・予約(土日祝OK・10時〜19時)
無料0120-975-534
03-6432-0803 メールで無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

03-6432-0803 メールで無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 メールで無料相談
 電話相談  来店予約
2018/12/07

金利が安くなるフラット35Sって何?フラット35との違いを把握!

ブロガー

この記事を書いた人

マイホーム購入や子育て、ワークスタイルに関する情報を『辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。』というテーマで発信する月間19万PVの人気ブログ「ザク男爵プレゼンツ」を運営。
自身が建売住宅を購入した経験を元に、マイホーム購入や住宅ローンについて専門用語を避けながらわかりやすく説明することを得意としている。

フラット35とフラット35Sの違いがわかる!

どうもこんにちは、年収300万でマイホームを手に入れた、ザク男爵でございます。

「……え?フラット35Sって、どうしてこんなに金利が低いの……!?」
「フラット35とフラット35S、一文字しか違わないけど、いったい何がちがうの?」
フラット35Sの低金利が目に飛び込んできた瞬間、あなたの心は一瞬にして奪われませんでしたか?

フラット35には、フラット35Sというプランがあり、とても金利が低く設定されています。
住宅ローンは低い金利こそ正義ですので、迷わずフラット35Sに申し込みたくなりますよね。

しかし、フラット35Sには適用条件があり、自由に申し込めるものではないのです。
そこでこの記事では、

  • フラット35Sの特徴
  • フラット35とフラット35Sの違い
  • フラット35、フラット35S、どちらを選ぶべきか?

について解説させて頂きます。
お得なフラット35Sの仕組みを知って、賢く住宅ローンを借りましょう。

関連記事

フラット35Sとは?特徴は?

フラット35Sとは、フラット35のプランの1つであり、省エネ住宅など優良住宅に適用される住宅ローンです。
物件に対して適用条件があり、すべての物件においてフラット35Sが利用できるわけではありません。

しかしその反面、住宅ローンの金利が優遇されており、

  • フラット35S金利Aプラン:10年間、金利を0.25%引下げ
  • フラット35S金利Bプラン:5年間、金利を0.25%引下げ

一定期間(10年もしくは5年間)、フラット35より金利を0.25%も引き下げてくれます。

フラット35Sが適用される住宅とは?

フラット35Sが適用される住宅には、省エネ性能、耐震性能など、一定基準をクリアする必要があります。

基準をクリアした内容により、金利Aプラン、Bプラン、いずれかが適用されます。これも自由に選べるものではありません。
金利Aプランの方が優遇期間が長いですが、その分適用されるための基準は厳しいです。

【金利Aプランの適用条件】
次の1〜6の、いずれかを満たす家であること。
1. 認定低炭素住宅
2. 一次エネルギー消費量等級5の住宅
3. 性能向上計画認定住宅(建築物省エネ法)
4. 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅
5. 高齢者等配慮対策等級4以上の住宅(共同住宅の専用部分は等級3でも可)
6. 長期優良住宅

【金利Bプランの適用条件】
次の1〜6の、いずれかを満たす家であること。
1. 断熱等性能等級4の住宅
2. 一次エネルギー消費量等級4以上の住宅
3. 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上の住宅
4. 免震建築物
5. 高齢者等配慮対策等級3以上の住宅
6. 劣化対策等級3の住宅で、かつ、維持管理対策等級2以上の住宅(共同住宅等については、一定の更新対策が必要)

これらの条件をすべて満たす必要はなく、どれか1つでも満たせばフラット35Sに申し込むことができます。

フラット35Sには、申し込み期限がある。(平成31年3月31日申し込みまで)

フラット35Sは、期間限定の住宅ローンです。
平成31年3月31日までに申し込まないと、それ以降では借りることはできません。
またフラット35Sには予算が設定されており、早期に予算上限に達した場合、期限内でも中止される場合があります。

フラット35とフラット35Sの違いは?

フラット35とフラット35Sの違いを比較してみると、次のようになります。

フラット35 フラット35S
金利タイプ 35年固定金利 35年固定金利
金利の優遇 なし フラット35から、0.25%優遇される
優遇期間 なし Aタイプ(10年間)
Bタイプ(5年間)
適用条件 条件はあるが、厳しくない。 フラット35より厳しい。

フラット35にも適用条件はありますが、それほど厳しくない(戸建ての場合は広さが70平方メートル以上、点検口があるなど)ので、多くの住宅で利用できます。
それに対しフラット35Sの適用条件は、フラット35よりもワンランク上の基準となっています。

フラット35、フラット35Sは「自由に選べる住宅ローン」というより、『購入する物件が「適合住宅か?」によって、利用できる住宅ローンが変わる』、と思って頂いた方が分かりやすいです。

フラット35とフラット35S、結局どっちを選んだらいい?

結局どっちを選ぶべきなの?

フラット35Sの特徴、違いは分かりましたが、結局のところ、フラット35とフラット35Sはどちらを選んだらいいのでしょうか?
フラット35Sは自由に選べる住宅ローンではありませんが、次のようなケースであれば迷わずフラット35Sに申し込みましょう。

欲しい物件がフラット35S適用物件だった→迷わずフラット35S

「フラット35にするべきか、それともフラット35Sにするべきか・・。」

両者で迷ってしまったときでも、迷わずフラット35Sに申し込むべきケースは、欲しい物件がたまたま「フラット35S適用物件」だったときです。
フラット35Sは自由に選べる住宅ローンではなく、購入する物件によって「利用できる、できない」が決まっている住宅ローンです。

もしも欲しい物件がフラット35Sの適用基準を満たしているならば、それはラッキーというものです。
なにもせずに、フラット35よりもお得な金利で住宅ローンが借りれます。
フラット35Sにメリットこそあれど、デメリットはありません。
ほかに迷っている金利タイプ(変動金利など)がなければ、どうぞ大変お得なフラット35Sをご利用くださいませ。

最近の住宅は性能がいいので、多くの住宅でフラット35Sが利用できる。

フラット35Sを利用するための基準は、フラット35よりも厳しいのは事実です。
しかし、最近の住宅はとても性能が高いので、多くの物件でフラット35Sの適用基準を満たしているのですよね。

例えばフラット35SのAタイプの適用条件である、「耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅」
は、ローコスト住宅でも基準をクリアしている物件が多いです。

私自身もローコスト住宅(土地建物付きで、2,000万円)を購入しましたが、耐震等級は「3」でした。
耐震等級の基準をクリアしているので、フラット35Sに申し込みできます。
「フラット35、フラット35S、どっちにしようかな……迷う……」
というのは実はあまり的を得ていなくて、

  • 欲しい物件がどんな基準をクリアしているか?
  • 最近の住宅は性能が高く、多くの物件でフラット35Sが利用できる。

という事実を考えると、実際のところは「フラット35S」一択になるのではと思います。

ただしフラット35Sには申し込み期限と予算の上限があるので、ご決断はお早めにくださいませ。

まとめ:利用条件を満たしてるなら、迷わずフラット35S

購入する物件が条件を満たしていれば金利の低いフラット35Sで決まり!

フラット35とフラット35S。
たった一文字の違いだけで紛らわしいですが、つまるところ両者の違いはこのようになります。

フラット35 フラット35S
金利タイプ 35年固定金利 35年固定金利
金利の優遇 なし フラット35から、0.25%優遇される
優遇期間 なし Aタイプ(10年間)
Bタイプ(5年間)
適用条件 条件はあるが、厳しくない。 フラット35より厳しい。

「どちらを選ぶ……」というよりも、「購入する物件がどんな基準をクリアしているか?」によって、選べるものが変わってきます。

もしも欲しい物件がフラット35Sが利用できる住宅ならば、わざわざ金利の高いフラット35を選ぶ必要はありません。フラット35Sで決まりでございます。(ただし変動金利など、ほかの選択肢がなければ)

また余談ではありますが、フラット35Sの「S」は、「Special(特別な)」の頭文字でございます。(住宅支援機構より)
以後どうぞお見知りおきくださいませ。

それでは、素敵な住宅購入を!

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

住宅ローンのプロに
メールで相談

住宅ローンのプロに
気軽に相談

知っておきたい
住宅ローン金利ランキング

マイホームを手に入れるまでの段取り間違ってませんか!?

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
CLOSE