無料相談

住宅ローンの窓口ONLINE

無料相談

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 無料相談

公開日:2018/04/11
更新日:2021/03/12

LGBTのパートナーへも住宅ローン適用へ!ソニー銀行の取り組み

公開日:2018/04/11 更新日:2021/03/12

LGBTのパートナーへも住宅ローン適用へ!ソニー銀行の取り組み最近ではいろいろな場面で、『LGBT』という言葉を耳にするのではないでしょうか。

新聞やテレビでも多く取り上げられ、認知度も高くなってきています。

ある調査では65%もの人がLGBTを知っており、同性婚を認めても良いと考える人も多数いることがわかりました。

しかし、日本ではまだ日常生活においてLGBTが抱える問題は少なくないようです。

そんな中、ソニー銀行は新たな取り組みを開始しました。

どんなものなのか見ていきましょう。

CONTENTS


同性パートナーと住宅ローンが組めるように!

ソニー銀行は、ダイバーシティ(多様性)への社会的な関心の高まりや自治体の取り組み等を受けて、2018年4月2日(月)より、住宅ローンにおいてLGBTの方への新たな取り組みを開始しました。

新たに開始されるサービスでは、同性パートナーも住宅ローンの借り入れ時にペアローンや担保提供(物件共有者が持分を担保として提供すること)の対象者として認められるようになりました。

これにより、同性パートナーと共に住宅ローンを組むことが可能に!

今後はLGBTであるために家の購入を諦めたり、理想の暮らしができなかったりなどの不便がなくなっていくことでしょう。

住宅ローン契約に必要な書類をチェック

同性パートナーと住宅ローンを組む際には次の書類が必要です。

契約前にしっかり確認して漏れのないようにしましょう。

同性パートナーと住宅ローンを組む際の必要書類

1.もしくは2.のいずれかひとつ

  1. 以下a とb のコピー
    a. 任意後見契約および合意契約に係る公正証書(*1)(*2)の正本、または謄本
    b. 任意後見契約に係る登記事項証明書(*1)
  2. 東京都渋谷区が発行するパートナーシップ証明書のコピー

(*1)おふたりが、お互いに相手を「任意後見受任者」とする任意後見契約による公正証書を作成し、登記していることを確認します。

任意後見契約は、将来本人の判断能力が不十分となったときに自分の生活や療養看護、財産の管理などに関することについて、あらかじめ任意後見受任者(任意後見契約の効力が生じた後は「任意後見人」と呼ばれます)に代理権を付与する委任契約を締結することです。

(*2)おふたりが共同生活を営むに当たり、当事者間において、次の事項が明記された公正証書を作成していることを確認します。

  • おふたりが愛情と信頼に基づく真摯な関係であること。
  • おふたりが同居し、共同生活において互いに責任を持って協力し、およびその共同生活に必要な費用を分担する義務を負うこと。

ひとりひとりが自分らしく暮らせる社会へ

ひとりひとりが自分らしく暮らせる社会へソニー銀行ではLGBTへの取り組みの他にも、女性社員の活躍推進や両立支援、障がい者への理解、雇用促進などダイバーシティ(多様性)に配慮した取り組みが行われています。

そういった考え方や活動がさらに広がれば、誰もが活躍できる社会が誕生するのではないでしょうか。

「自分は少数派だから…」と尻込みすることなく、理想の生き方ができれば素敵ですよね。

今後、性別関係なく、誰もが好きな人と家を購入し毎日を楽しく過ごせる社会が、ますます広がっていきそうです!

ソニー銀行株式会社ホームページ:https://sonybank.net/

ソニー銀行の住宅ローン

金利が低いだけじゃない!ソニー銀行の住宅ローンの魅力を分析!

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

住宅ローンのプロに
気軽に相談

その場でお悩み解決

知っておきたい
住宅ローン金利ランキング

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

CLOSE