住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
  • PayPay銀行
  • ARUHI
  • イオン銀行
  • きらぼし銀行
  • スルガ銀行
  • みずほ銀行
  • みなと銀行
  • 愛媛銀行
  • 岩手銀行
  • 群馬銀行
  • 中国労金
  • 朝銀西信用組合
  • 東京スター銀行
  • 南都銀行
  • 備前日生信用金庫
  • 福岡銀行
  • 福邦銀行
  • 豊和銀行
  • 広島銀行
  • 北日本銀行
  • 松本信用金庫
  • 西日本シティ銀行
  • ちばぎん
  • 川崎信用金庫
  • 多摩信用金庫
  • 池田泉州銀行
  • 中国銀行
  • PayPay銀行
  • ARUHI
  • イオン銀行
  • きらぼし銀行
  • スルガ銀行
  • みずほ銀行
  • みなと銀行
  • 愛媛銀行
  • 岩手銀行
  • 群馬銀行
  • 中国労金
  • 朝銀西信用組合
  • 東京スター銀行
  • 南都銀行
  • 備前日生信用金庫
  • 福岡銀行
  • 福邦銀行
  • 豊和銀行
  • 広島銀行
  • 北日本銀行
  • 松本信用金庫
  • 西日本シティ銀行
  • ちばぎん
  • 川崎信用金庫
  • 多摩信用金庫
  • 池田泉州銀行
  • 中国銀行
  • PayPay銀行
  • ARUHI
  • イオン銀行
  • きらぼし銀行
  • スルガ銀行
  • みずほ銀行
  • みなと銀行
  • 愛媛銀行
  • 岩手銀行
  • 群馬銀行
  • 中国労金
  • 朝銀西信用組合
  • 東京スター銀行
  • 南都銀行
  • 備前日生信用金庫
  • 福岡銀行
  • 福邦銀行
  • 豊和銀行
  • 広島銀行
  • 北日本銀行
  • 松本信用金庫
  • 西日本シティ銀行
  • ちばぎん
  • 川崎信用金庫
  • 多摩信用金庫
  • 池田泉州銀行
  • 中国銀行

公開日:2022/06/22

フラット35の金利予想【2022年7月】金利は下がらず

公開日:2022/06/22 

フラット35金利予想6月
基本的に住宅ローンの金利は毎月1日に発表されますが、事前に予測ができないものだろうかと考えたことはありませんか?

いえーる 住宅ローンの窓口 ONLINEを運営しているiYell株式会社では、大手住宅関連会社や金融機関出身者が多数在籍しています。

多くの人が利用する住宅ローンである【フラット35】を、iYell株式会社で社長室長を務める金子洋平がフラット35の来月の金利を予想しました。

金子洋平

  住宅ローン業界のプロフェッショナル
  金子洋平

 

SBIホールディングス株式会社入社後、SBIモーゲージ株式会社(現アルヒ株式会社)へ配属。
4店舗の支店長を経験した後、会社の要となるアライアンス業務、フランチャイズオーナー開拓などを担当。
現在はiYell株式会社の社長室長として金融機関との提携を担当。一般社団法人不動産テック協会の理事も務める。

今後の借り入れ、借り換え計画にお役立てください。

CONTENTS


予想金利

フラット35

1.49%(前月比±0%)

フラット20

1.36%(前月比±0%)

2022年7月の金利は、6月に引き続き機構団信始まって以来の高金利となる見込みです。

予想理由

【2022年7月予想】フラット35金利前月比較
住宅金融支援機構が2022年5月20日に「第182回貸付債権担保住宅金融支援機構債券」を発表しました。

フラット35は機構債と非常に関りが深いのです。

機構債の金利が前月と比べてどのくらい上昇もしくは低下しているかがとても重要であり、フラット35の金利にその増減している金利を反映させたものが翌月のフラット35の金利になることが多いです。

機構債の金利は0.50%で、先月と同じになっています。

そのため、来月のフラット35の金利は1.49%と予想します。

また機構債だけでなく、10年国債(長期国債)がフラット35の金利に大きく影響してきます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

フラット35の金利を予測しよう

フラット35の金利は今度どうなる?変動のポイント


金利推移

【2022年7月】金利予想記事_金利推移グラフ
上のグラフは、2018年1月から2022年6月までの期間のフラット35(機構団信)の金利推移です。

最も金利が低いのは、2019年9月と10月の1.11%となっています。
※借入期間が21年~35年の場合

今まで一番金利が高かったのは2018年11月の1.45%でしたが、2022年5月では1.48%と高金利を更新しました。

そして今月6月には前月+0.01%となる1.49%と、最高金利をさらに更新したのです。

フラット35は今年になってから毎月金利が上がっている状態といえます。

一方で変動金利は依然として低金利となっているため、固定金利と変動金利の金利差がさらに大きくなりました。

ポイント
◎フラット35(機構団信加入)の金利

  • 一番金利が高い:2022年6月/1.49%
  • 一番金利が低い:2019年9・10月/1,11%

◎フラット35は2022年以降は毎月金利が上昇
◎変動金利は低金利が継続しているため、固定金利との金利差が大きくなっている

住宅ローンは見直しが可能!

フラット35の金利でもわかるように、今は超低金利時代です。

毎月変動はありますが、自動車ローンなどと比べても圧倒的に低く1/3程度となっています。

ただ低い金利のタイミング借りたいと思っても、住宅購入のタイミングではなかなかローン選びまで手が回らないのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめなのが住宅ローンの借換です!

住宅ローンは見直すことができます。

人によっては住宅ローンの借換で100万円以上支払金額が軽減されるケースも少なくありません。

でも、借換を行っていない人も多いのです。

  • 金利だけで選んでOKなの?自分で比較するのは大変。。
  • 手続きを行うのが面倒・・・

このような方はいらっしゃいませんか?

いえーる 住宅ローンの窓口 ONLINEでは、フラット35だけでなくメガバンクや地方銀行、ネット銀行までさまざまな住宅ローンを知り尽くした住宅ローンの専門家が無料でお客様の最適な住宅ローンへの借換をサポートしています

iYellの住宅ローン借換サービス
低金利のネット銀行から地域密着の地方銀行、安心のメガバンクなど様々な金融機関を徹底比較!

  • お客様が申込可能なローンの中からベストな金融機関を探します
  • 複雑な借換の申込手続きをしっかりサポート!
  • サポートに関する料金は無料です!
  • 日曜日も対応します

お申込みはこちらから

あなたにとって最高な住宅ローンを選びませんか?

フラット35金利予想5月

【住宅ローンの専門家と一緒に】見直しましょう、住宅ローン

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

住宅ローンのプロに
気軽に相談

その場でお悩み解決

知っておきたい
住宅ローン金利ランキング

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

CLOSE