無料相談
住宅ローン比較・金利

住宅ローンの窓口ONLINE

無料相談

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 無料相談

クレディセゾンのフラット35徹底解説

株式会社クレディセゾン(以下、クレディセゾン)が取り扱うクレディセゾンフラット35は住宅購入価格の100%まで融資することができ、住宅購入をサポートしてくれます。

また、クレディセゾンのフラット35を新規契約者を対象としたサービス『SAISON ライフサポート』は住宅購入後の生活まで支援し、住宅購入の強い味方になります。

そこで今回はクレディセゾンフラット35の種類やメリットについて解説していきます。

CONTENTS

金利・保証料・繰上げ返済手数料は?

借入上限額 100万円以上8,000万円以下(1万円単位)
固定金利期間 15年以上35年以内かつ、ご返済回数が180~420回
金利
(2021年4月時点)
年1.37%
・融資期間21年〜35年
・一般団信加入
保証料 ゼロ円
繰上返済額 100万円以上(ただし、返済金の6ヶ月分以上)
繰上返済手数料 無料
団体信用生命保険料 金利に上乗せ
事務手数料 <定率タイプ>
融資金額の2.2%(税込)
最低事務手数料220,000円(税込)
<定額タイプ>
55,000円以内(税込)※定率タイプと定額タイプではご融資金利が異なります。 
住宅ローンラインナップ 「フラット35」機構買取型【フラット35】
【フラット35】S
フラット35PLUS
フラット35つなぎローン
ホームアシスト

クレディセゾンのフラット35の特徴

クレディセゾンフラット35の種類は大きく分けて4つあります。

【フラット35】

フラット35とは、最長35年まで利用できる長期固定金利の住宅ローンです。

<対象者>

クレディセゾン 【フラット35】公式ホームページ

【フラット35】S

フラット35Sとはフラット35を申し込んだ人が、耐震性、省エネルギー性などに優れた住宅を取得する場合に、フラット35の借入れ金利を一定期間引き下げる制度です。

尚、借り換えの場合はフラット35Sは利用できません。

▼金利引き下げの内容▼
フラット35Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付終了となります。
受付終了日は、終了する約3週間前に住宅金融支援機構のHPに掲載されます。

クレディセゾン 【フラット35】S 公式ホームページ

フラット35PLUS

フラット35PLUSは、住宅購入価格からフラット35の融資額を引いた住宅購入価格の10%までを融資する住宅ローンです。

(住宅購入価格-フラット35融資額)×10%=フラット35PLUSの融資額

クレディセゾンのフラット35とフラット35PLUSをあわせて利用することで、住宅購入価格の100%までの融資が可能になります。

融資金利は当初5年間固定で、以降5年ごとに見直しとなります。また、フラット35PLUSでは住宅金融支援機構の住宅融資保険を利用します。
尚、フラット35PLUSのみの利用や諸費用ローンとしての利用はできません。
クレディセゾン フラット35PLUS 公式ホームページ

フラット35つなぎローン

フラット35つなぎローンは、クレディセゾンのフラット35の借り入れた金額以内で、
土地取得資金、着工資金、中間資金および工事完了後の引き渡し代金を複数回に分けてつなぎ融資を利用することができます。

マイホームを建設する場合、フラット35で資金を受け取ることができる時期は、建物が完成した後になります。

それまでに土地取得資金を先に支払わなければならない、もしくは建築着手金として建築請負契約金額の一部を支払わなければならないことがあります。

また建築開始後も中間金として建築請負契約金額の一部を支払わなければならないこともあります。

なので、フラット35つなぎローンを利用することで、支払資金が必要なときに補うことができます。

フラット35つなぎローンが利用できる例

クレディセゾン フラット35つなぎローン 公式ホームページ

クレディセゾンのフラット35のメリットとは

フラット35PLUSと併用の場合、住宅購入価格の100%まで利用可能

クレディセゾンのフラット35を利用するメリットは、融資率100%のうち10%部分をフラット35PLUSで賄えるという点です。

2019年1月の金利をもとに解説すると、融資率100%(定率タイプ・返済期間21年以上)の場合、金利が1.77%です。

これを、フラット35を90%とフラット35PLUSを10%の割合で借り入れると、フラット35PLUSはカード会員で2.2%(3.0%-0.8%)となりますが、フラット35は1.33%と金利が下がるため、利息を含めた総返済額が減少します。

同時お申し込みでスムーズな手続き

クレディセゾンのフラット35、フラット35PLUS、フラット35つなぎローン、ホームアシストローンは同時に申し込むことができます。手続きが一度に行えるので、スムーズです。
またクレジット会社ならではの簡便・スピーディーな事前審査が利用できます。

クレディセゾンのフラット35に向いている人とは

フラット35など全期間固定金利で借りたい方は、諸費用を含めてシミュレーションし、他の金融機関と比較検討してみましょう。そしてフラット35PLUSとの併用ができる人はクレディセゾンのフラット35が向いているかもしれません。

また、手持金を用意することでクレディセゾンのフラット35よりさらに低金利で利用することができるセゾンプラチナフラット8/セゾンプラチナフラット9があります。
フラット35(保証型) セゾンのプラチナフラット8/セゾンのプラチナフラット9

『SAISON ライフサポート』とは?

『SAISON ライフサポート』とは、『クレディセゾンのフラット35』を契約したセゾンカード・UCカード会員向けに新設されたサービスです。

マイホームの購入には、引っ越しや家具の購入など、何かと手間も費用もかかるもの。さらに、住み始めてからは、セキュリティ対策も必要になりますよね。

そこでクレディセゾンでは、ライフスタイルに密着したサービスを提供する企業と提携することで、快適な暮らしをサポート。さまざまな優待を提供します。

生活に密着した優待が魅力!

『SAISON ライフサポート』のおもな優待内容は下記のとおりです。

さらに、首都圏と関西圏においては、1,000円分のニトリ商品券のプレゼントも行なっています。家具や生活用品などの購入を検討している方には必須のサービスではないでしょうか。

住宅購入から暮らしまでをトータルサポート

セゾンブランドが持つ安心と信頼、親しみやすさをもとに、『フラット35PLUS』や『セゾンのホームアシストローン』(住宅購入の際の諸費用ローン)など、住宅ローン関連の商品ラインナップが豊富です。

『SAISON ライフサポート』が加わったことで、クレディセゾンは住宅購入をトータルにサポートしてくれる強い味方となってくれそうですね。

優待特典の一例

株式会社ニトリ

株式会社エール

アートコーポレーション株式会社

株式会社サカイ引越センター

詳しくは公式WEBサイトをご覧ください。

株式会社クレディセゾン

フラット35の基本から気になる情報までまるっと知りたい方は、こちらの記事も合わせて読んでみましょう。

【超絶まとめ】フラット35の仕組みと金利を徹底解析! 銀行系ローンとの違いとは!?

クレディセゾンのライフサポートについてまとめ

クレディセゾンのライフサポートについてまとめました!

クレディセゾンの ライフサポートは、『クレディセゾンのフラット35』を契約したセゾンカード・UCカード会員向けに新設されたサービスになります。

生活に密着した優待や、住宅ローンから暮らしまでさまざまなサポートが受けられるのがポイントです。

物件の新規購入時にしか加入できないサポートになります。
クレディセゾンのフラット35を契約する際には、ぜひ検討してみてくださいね。

フラット35の金利予想

CLOSE