住宅ローンの窓口ONLINE |

電話で相談・予約(土日祝OK・10時〜19時)
無料0120-975-534
03-6432-0803 メールで無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

03-6432-0803 メールで無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 メールで無料相談
 電話相談  来店予約

住宅ローンを完済する為に大切なこと

マイホーム購入や子育て、ワークスタイルに関する情報を『辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。』というテーマで発信するブログ「ザク男爵プレゼンツ」を運営するザク男爵。
自身が建売住宅を購入した経験を元に、専門用語を避けながら住宅ローンの基本についてシリーズで解説していただきます。(いえーる すみかる編集部)

vol.1:住宅ローンって何?初心者目線で優しく解説!
vol.2:家を買うと得する?知って得する住宅ローンの税制優遇!
vol.3:どの銀行も同じと思ってない?住宅ローンの選び方を解説!
vol.4:素人でもよく分かる、住宅ローン金利の選び方
vol.5:住宅ローンが年収の6倍でも返済が楽な理由と借りる上で大切なこと
vol.6:手続きは?必要なものは?建売住宅の契約後の流れを徹底解説!

こんにちは、年収300万で建売住宅を買ってしまった、ザク男爵でございます。
さて、突然ですが、あなたは次の数字が何か分かりますでしょうか。

「平均14.4年」

・・・実はこれ、住宅ローンを完済するまでの平均年数なんです。(住宅金融支援機構 2016年度民間住宅ローンの貸出動向調査結果)
住宅ローンは苦しいイメージがある一方で、なんと家を買ってから14年で皆さん完済しているみたいですね。
「そんなバカな!」と言いたくもなりますが、では一体どうやったら住宅ローンを14年で完済することができるのでしょうか。
今回は住宅ローンを賢く完済する為に必要なことをご紹介させて頂きたいと思います!

住宅金融支援機構
民間住宅ローンの貸出動向調査

14年での完済は、繰上返済が必須。

まず大前提ですが、住宅ローンを14年で完済するには、繰上返済が必要不可欠でございます。
繰上返済とは、毎月住宅ローンの支払い額とは別に、まとまったお金を支払うことです。
繰上返済をすることで、住宅ローンの元金(借りたお金)が減ることに加え、返済する利息も少なくなるメリットがあります。
つまり繰上返済は、すればするほど返済が楽になる、完済へのサクセスロードなのです。
繰上返済には、次の2つのやり方があり、状況に応じて使い分けることが大切です。

利息を大きくカットする、期間短縮型。

期間短縮型は、毎月の返済額を同じにする変わりに、返済期間を短くする繰上返済です。
返済期間を短くすることで、利息を大きくカットし、返済総額を大きく減らすことができます。
返済期間を短くすることで、完済までの距離をぐっと近づけることができる方法です。

手持ちの現金を安定させる、返済額軽減型。

返済額軽減型とは、返済期間は変わりませんが、その分毎月の返済額が低くなる繰上返済です。
毎月の返済額を減らすことで、手元の現金を増やし、将来のマネーリスクに備えることができます。
住宅ローンが苦しい、将来の出費に備えたいという方にお勧めな繰上返済です。

ただし、住宅ローン控除期間は繰上返済しない。

住宅ローン完済には必要不可欠な繰上返済ですが、家を買ってから10年間は繰上返済はしない方がいいでしょう。それは住宅ローン控除の優遇措置があるからです。
住宅ローン控除は、住宅ローンの残高に対して、1%(最大)の税金が戻ってくる(安くなる)制度です。
つまり、うっかり繰上返済をしてしまうと、戻ってくる税金が少なくなってしまうのです。
ですので、家を買ってから10年間は繰上返済のお金ができても、それは手元に残しておいた方が賢明でございます。そして住宅ローン控除の期間が終わったときに、どさっと返済する。
これがお得に賢く返済する方法であります。

家を買うと得する?知って得する住宅ローンの税制優遇!|ザク男爵の楽しく学べる住宅ローン講座vol.2

繰上返済するには?

さてさて、住宅ローンを14年で完済するには繰上返済が必要不可欠になりますが、ここで問題になるのが、「どうやって繰上返済の資金を準備するか」、でありますよね?
繰上返済の資金を準備するには、次の方法がお勧めでございますよ。

ボーナスで繰上返済

繰上返済の資金を作る簡単な方法は、ずばりボーナスです。会社からもらったボーナスを、そのまま銀行にお渡しするだけで、とても簡単に繰上返済することができるのです。
さすがにボーナス全額を繰上返済に充てる必要はありませんが、少なくともその1部は繰上返済に充てたいところですね。
1回のボーナスにつき10万円充て込むとしても、夏・冬合わせて20万円。5年間繰り返すだけで、100万円の繰上返済の資金になりますね。ご立派な金額ではありませんか。

節約して繰上返済

繰上返済をする方法で、最も簡単な方法はボーナスですが、実は最も多くの方が繰上返済の資金を作った方法は、「節約」だったりします。(住宅支援機構 2016年度民間住宅ローンの貸出動向調査結果)
なんだかすごく地味な回答にテンション下がりますけど、やっぱり大切なんですね。節約って。
節約と聞くとすぐに「我慢」の2文字が脳裏に浮かびますが、節約で大切なのは我慢ではなく、「メリハリ」でございます。
自分の好きなこと、お金を使いたいことを明確にし、それ以外ではお金を使わない。お金の使い方にメリハリをつけることで、無駄なお金をカットすることができます。
1つ1つは小さな金額ですが、塵も積もれば巨額の富となる。そうして家を買った皆様は、14年の短期間で住宅ローンを完済していらっしゃるのですね。マジでリスペクト致します。

退職金で繰上返済

また退職金も繰上返済の資金として有効です。退職時にまとまったお金が支給されるので、それを利用してどかっと返済する方が多いようです。
しかし退職金は本来、老後の資金として支給されているもの。「住宅ローンを完済してすっきりするから」という理由で、むやみに繰上返済に回すのは危険です。
やはり、それまでのボーナスや節約での繰上返済をしながら、退職金の一部で繰上返済をする。そしてあわよくば完済する・・・。なんてプランがベストでございましょう。

CLOSE