無料相談

住宅ローンの窓口ONLINE

無料相談

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 無料相談

公開日:2021/01/15
更新日:2021/03/12

住宅ローンは転職直後でも組める?ポイントと注意点を解説

公開日:2021/01/15 更新日:2021/03/12

住宅ローンは転職直後でも組める?ポイントと注意点を解説します!住宅ローンを組むうえで、利用者の勤続期間は重要な審査項目の一つとなっているケースが多くあります。

そのため、転職して間もないタイミングでローンを組むのは難しいのではないかと思われがちですが、実際のところはどうなのでしょうか。

この記事では、転職後に住宅ローンを組むことの可否や転職前と後それぞれの住宅ローンを組むメリットデメリットなどについて説明します。

CONTENTS


転職後は住宅ローンを組めるのか

転職後は住宅ローンを組めるのかまずはじめに、転職後に住宅ローンを組むのが難しいと言われているのは、利用者が本当に将来にわたって借りたお金を返済し続ける能力があるかどうかについて金融機関が確証を持ちにくいからです。

ローンを確実に返済するためには、安定的に収入を得られる人物である必要があるわけですが、転職して間もない場合には、利用者が今後も長期的にその仕事を続けていけるかどうかが明確ではなく、場合によっては短期間で職を失ってしまう恐れも排除できません。

万が一、離職して収入がなくなってしまうと、最悪の場合にはローンの返済が滞って、金融機関が最も避けたい不良債権の原因となってしまいかねませんので、金融機関としてはそういった人にはなるべくローンを組んでほしくないと考える傾向にあるのです。

実際、金融機関の中には審査項目として勤続期間に条件を掲げているところも少なくないので、転職後にローンを組むのは不可能ではないとしても、勤続年数が長いケースと比べると難易度は高くなると思っておく必要があります。

なお、かつては勤続年数が3年以上という条件にしている金融機関が多かったのですが、近年ではそこまで厳格な条件を設けているところは少なくなってきています。

そのため、以前に比べると転職後にローンを組むハードルは低くなってきていると言えるでしょう。

しかし、転職自体のハードルは下がっても、転職回数が多いと最後までローンを支払い続けられるのか、といった懸念が生じてしまい、審査にネガティブに働く金融機関は多いので心に留めておいてください。

審査中の転職は要注意

住宅ローンの審査中に転職をするのは大きなリスクを伴いますので、なるべく避けるべきです。

勤務経験は主要な審査項目の一つですので、審査中にその状況に変化が起きると、また一から審査がやり直しになってしまうため、書類も出し直しになる上、余計な時間がかかりますし、場合によっては審査に落ちてしまう恐れもあるからです。

「転職したことを言わなければ良い」と思う方もいるかもしれませんが、金融機関は利用者の信用状況を様々な手段を使って確認できますので、黙っていてもいずれ分かってしまうと思っておいた方が賢明です。

実際に住宅ローンを組む契約日に、金融機関から本人確認として保険証の提示を求められ、転職が判明して契約は中止となり、再審査になった場合も・・・。

また、審査中の転職によって住宅ローンが利用できないため、売買契約を履行できなくなり、売主から違約金を請求されることもあり得ます。

不動産の売買契約には、住宅ローンの審査に通らなかった場合にペナルティなしで解約できるというローン特約が設けられているケースが一般的なのですが、この特約は自己都合での転職によって審査に落ちた場合は適用されない場合が少なくないので注意が必要です。

そのため、繰り返すようですが住宅ローン審査中の転職はなるべく避けた方が良いでしょう。

住宅ローンを組むのは転職前?それとも転職後?

住宅ローンを組むのは転職前?それとも転職後?転職を考えている場合、住宅ローンを組むのはその前後のどちらのほうが良いのでしょうか。

転職前と転職後に住宅ローンを組む場合のメリットデメリットをそれぞれ紹介します。

転職前に住宅ローンを組むメリットとデメリット

まず、転職前に住宅ローンを組むメリットは、何といっても審査に通りやすいという点です。

転職前であれば、これまでの勤務先や勤務期間、そこでの収入を基に住宅ローンの審査を受けられますので、借入金額が収入に見合う水準で、かつそれなりに安定的に収入を得られていたのであれば、審査に落とされるリスクはそこまで高くないでしょう。

一方デメリットとしては、無事住宅ローンを組んだ後に転職をした際、新たな仕事が合わなくてすぐに退職してしまったり、転職前に想定していた年収よりも下回って以前よりも収入が少なくなり、住宅ローンの支払いに困窮してしまうリスクがあるという点です。

もしそのようなリスクを避けたいのであれば、転職する前に慌ててローンを組むのではなく、先に転職して数年働いてからローンを利用するといった選択肢も検討してみると良いでしょう。

転職後に住宅ローンを組むメリットとデメリット

転職後に住宅ローンを組むメリットは、返済計画を立てやすいという点です。

先に転職しておけば、その後の収入の見通しが立ちやすくなるため、いきなり収入が落ち込んで返済が滞ってしまうリスクを抑えられます。

また、転職前に慌てて購入する住宅を決める必要もないため、自分のペースでゆっくりと家探しができるというのも先に転職してから住宅ローンを組むメリットであると言えます。

デメリットとしては、何といっても審査に通りにくくなるという点です。

勤務期間が短いというのは審査においてマイナスに影響する可能性があるため、確実にローンを利用できるようにしたい場合には、転職後すぐにローンを組もうとするのはリスクを伴います。

ただし前述したとおり、利用する金融機関や転職理由によっては必ずしも勤続期間が短いだけで審査に落とされるとも限らないので、諦めなくてもいいかもしれません。

転職後でも住宅ローンを組むことは可能

転職後でも住宅ローンを組むことは可能です!転職後であっても、やり方次第で住宅ローンを組むことは可能です。

また転職前と転職後で住宅ローンを組むのにはいずれもメリットとデメリットがあります。

そのため、それぞれのメリットとデメリットを比較して、自分にとって最も有利と思われるタイミングで転職すれば良いでしょう。

もっとも、住宅ローンについてそれほど詳しくない方にとっては、その見極めは必ずしも簡単ではありません。

また、物件との出会いも一期一会。

どうしても購入したい物件が見つかったけれど転職を考えている場合には、住宅ローンの専門家に相談してみるのがおすすめです。

住宅ローンの専門家に相談すれば、おすすめの住宅ローンを教えてくれるだけでなく、適切なアドバイスや審査申込のサポートが無料で得られます。

住宅購入は人生最大の買い物のため、自分にとってな最適な選択をしましょう。

なぜ住宅ローン審査が通らない?専門家が指摘するその理由とは?

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

住宅ローンのプロに
気軽に相談

その場でお悩み解決

知っておきたい
住宅ローン金利ランキング

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

CLOSE