住宅ローンの窓口ONLINE |

電話で相談・予約(土日祝OK・10時〜19時)
無料0120-975-534
来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 来店予約

公開日:2019/04/03
更新日:2019/05/07

【フラット35】 子育て支援型で総返済額が38万円削減!概要・対象者など解説!

公開日:2019/04/03 更新日:2019/05/07

子育て支援型
どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

フラット35にて、子育て世代のマイホーム購入を応援する、とてもお得な金利優遇があります。住宅ローンを借りてから当初5年間、フラット35の金利から0.25%引き下げる制度、「フラット35 子育て支援型」です。

「フラット35 子育て支援型」を受けるための条件は、2つあります。

  • 1.子育て世代である。(年齢による制限)
  • 2.子育て支援に積極的な自治体に家を建てること。(場所による制限)

2つの条件のいずれかをクリアする必要があります。(詳細の条件は、各自治体によって異なります。)とてもお得な金利優遇ですが、最大のデメリットはすべての人が受けれないこと。対応している自治体が少ないのが痛いところです。

そこでこの記事では、

  • フラット35 子育て支援型ってどんな制度?だれが利用できるの?
  • フラット35 子育て支援型を利用すると、どれくらいお得になるの?
  • 具体的な申込方法は?

について、解説させて頂きます。
住宅ローンをちょっとでもお得に借りようと思っている方は、要チェックですよ!

CONTENTS

フラット35 子育て支援型って、どんな制度?

フラット35 子育て支援型は、若い子育て世代がマイホームを買い、広いマイホームで子育てできるように支援するための制度です。子育て支援や地域活性化を積極的にしている地方自治体と住宅金融支援機構(フラット35を運営している団体)が連携して行っています。

子育て支援型は、どんな人が対象者になるの?

フラット35 子育て支援型で対象となる人の条件は、次の2つのいずれかを満たす場合です。

  • 若年子育て世代が住宅を取得する場合
  • 若年子育て世代と親世帯が同居、または近居するために住宅を取得する場合

引用:日本住宅金融機構 フラット35 子育て支援型

ただし、

  • 子育て世代の要件(子供の年齢)
  • 子育て世代、親世代の家族構成
  • 同居を行うための条件
  • 近居を行うための条件

などの詳細については、提携する各自治体が定めています。「自分がフラット35 子育て支援型に該当しているのか?」は、家を建てる自治体の条件を確認しなくてはいけません。

【注意】すべての自治体がやっているわけじゃない!

フラット35 子育て支援型で注意すべきことは、実施している自治体は限られることです。あくまでも「子育て・地域振興の支援に積極的な自治体」と提携しているだけなので、子育て・地域振興に力を入れてない自治体では利用できません。
たとえば東京都でフラット35 子育て支援型が利用できるのは、

  • 台東区
  • 墨田区
  • 福生市
  • 奥多摩町

となっています。

・・・案の定、少ないですよね。
あなたのお住まいの地域、家を建てようとする地域がフラット35 子育て支援型に対応しているかは、こちらの公式サイトでチェックできます。
フラット35 子育て支援型 連携する地方公共団体

フラット35Sと併用できる

フラット35 子育て支援型の特徴は、フラット35Sと併用できることです。

※フラット35Sとは?
購入する住宅が、省エネルギー性・耐震性など、一定の基準をクリアしている場合、フラット35よりも低い金利で住宅ローンを貸してくれる。新築住宅の場合、フラット35Sの基準を満たしている場合が多い。フラット35Sと併用すると、当初の5年間の金利が0.5%引き下げられます。

子育て支援型の金利優遇を受けると、返済総額はどれくらいお得になる?

では子育て支援型の金利優遇を受けると、返済総額はどれくらいお得になるのかシミュレーションしてみましょう。
【シミュレーション条件】

  • 借り入れ額:2,500万円
  • 借入期間:35年
  • 元利均等支払い
  • ボーナス払いなし
  • 金利:1.22%(楽天銀行・2019年3月・団信あり)

2500万円を1.22%で借りると、38万円お得になる!

【フラット35】 【フラット35】子育て支援型 【フラット35】子育て支援型と【フラット35】S(金利Bプラン)の併用
借入金利 全期間 当初5年間 6年目以降 当初5年間 6年目以降
年1.22% 年0.97% 年1.22% 年0.72% 年0.97%
毎月の返済額 全期間 当初5年間 6年目以降 当初5年間 6年目以降
87,795円 70,222円 72,680円 67,356円 69,745円
総返済額 30,738,523 30,356,649 29,126,591
【フラット35】との比較(総返済額) 381,874 1,611,932

フラット35 子育て支援型を利用すると、フラット35だけの利用に比べて38万円お得になります。毎月の支払は、当初5年間が17,000円、6年目以降でも15,000円も安くなります。ここまで大きな影響が出るフラット35 子育て支援型、ぜひ利用したいですよね。

子育て支援型の申込方法はこちら!

子育て支援型の申し込むには、金融機関でフラット35を借りるのとは別に、地方自治体での手続きが必要です。地方自治体でフラット35子育て支援型の「利用対象証明書」を申請します。申請した「利用対象証明書」は、住宅ローンの借り入れの契約までに金融機関に提出します。

ただし予算が上限に達すると、期間前でも終了してしまう

フラット35 子育て支援型の申込は限りがあります。終了の3週間前に、公式サイトでアナウンスがありますが、2019年3月時点ではまだありません。しかしフラット35 子育て支援型には予算があり、申込数が一定数になって予算が上限に達すると、期限前でも終了してしまいます。
もしも家を買う場所が該当の自治体ならば、優遇が終了する前に申し込みたいところです。

そのほかお得に利用できる住宅ローンの補助金

また住宅購入には、フラット35 子育て支援型以外にもお得な補助金がございます。

  • バリアフリー(同居):リフォーム工事の一部を負担。高齢者との同居できる家の補助金など。
  • 省エネ(緑化):太陽光パネルの設置・屋上、壁面の緑化・生ごみ処理機などへの補助金。
  • 耐震(防災):耐震化工事の一部を補助。
  • すまい給付金:消費税の増税の影響を少なくするための補助金。

マイホームを建てるときに、お金がもらえたら嬉しいですよね。受けられる補助金がないか、ぜひチェックしてみましょう!

▽住宅購入で受けられる補助金については、こちらで詳しく解説しています。

2018年に知ってトクする補助金のキーワードは、子育て・バリアフリー(同居)・省エネ(緑化)・耐震(防災)

まとめ:フラット35 子育て支援型はお得だが条件が厳しい

フラット35 子育て支援型は当初5年間の金利を0.25%も引き下げてくれます。かなりインパクトの大きい税制優遇です。
仮に2,500万円を1.22%で借りた場合、住宅ローンの返済総額は38万円もお得になります。

しかしデメリットは、すべての自治体でやっていないこと。むしろやっている自治体の方が少ないです。税制優遇があるからといって、わざわざその自治体で家を建てる必要性まではありません。もし家を建てる自治体が、たまたま子育て支援型に対応していれば、かなりのラッキーでしょう。

ありがたく税制優遇をして頂いて、快適なマイホームライフをお楽しみくださいませ。
ぜひ素敵な住宅購入を。それでは、また!

ブロガー

この記事を書いた人

マイホーム購入や子育て、ワークスタイルに関する情報を『辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。』というテーマで発信する月間19万PVの人気ブログ「ザク男爵プレゼンツ」を運営。
自身が建売住宅を購入した経験を元に、マイホーム購入や住宅ローンについて専門用語を避けながらわかりやすく説明することを得意としている。

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

住宅ローンのプロに
気軽に相談

その場でお悩み解決

知っておきたい
住宅ローン金利ランキング

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
CLOSE