住宅ローンの窓口ONLINE |

電話で相談・予約(土日祝OK・10時〜19時)
無料0120-975-534
03-6432-0803 メールで無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

03-6432-0803 メールで無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 メールで無料相談
 電話相談  来店予約

「すまい納付金」でさらに控除がもらえる

『すまい給付金』とはどんな制度?


『すまい給付金』をご存知でしょうか?条件を満たせば、住宅ローンの負担を軽くすることのできる制度です。現在家の購入を検討しているのであれば、住宅ローン控除(減税)と合わせて、『すまい給付金』もチェックしておきましょう。

ここでは、住宅ローン控除(減税)から『すまい給付金』に関する説明、必要書類、『すまい給付金』のシミュレーション方法、アプリについてご紹介していきます。

まずは、住宅ローン控除から見ていきましょう。

住宅ローン控除(減税)とは

住宅ローン控除(減税)とは、住宅を購入するときにローンを利用した場合、年末のローン残高の1%に相当する税金が戻ってくる制度です。なお、住宅ローン控除を受けるには、いくつかの条件があります。

より詳しいことは、こちらの記事で紹介していますので、参考になさってください。
住宅ローン控除とは?

『すまい給付金』とはどんな制度?

『すまい給付金』とは、消費税増税にともない住宅ローンの負担を軽くするためにできた制度です。平成26年4月より開始され、平成33年12月まで続く予定となっています。

住宅ローン控除(減税)も同じように、住宅ローンの負担を軽くするための制度です。しかし、収入が多い人ほど多くの控除を受けることができる制度で、収入の低い人はあまり恩恵を受けることができません。
条件さえ合えば、住宅ローン控除(減税)と『すまい給付金』の両方を適用可能です。

『すまい給付金』の対象となる人は?

『すまい給付金』の対象となる人は以下の条件を満たす人です。

1.住宅の所有者は、不動産登記上の持分保有者

住宅を所有し、建物の登記簿上に権利を持っている人です。
土地だけに権利を持っている場合は条件を満たしません。

2.住宅の居住者は、住民票において、取得した住宅への居住が確認できる

夫婦で権利を取得した場合、どちらもこの家に住民票があることが条件になります。
「すまい納付金」は、夫婦それぞれに登記簿上の権利を持っている場合、それぞれ申請が必要です。

3.収入が一定以下の人

消費税が8%の場合、収入額の目安が510万円以下、消費税が10%の場合は、収入額の目安が775万円以下です。消費税により収入額の目安が異なります。

4.現金取得者は50歳以上が対象

現金取得者とは、住宅ローンを利用せずに現金で住宅を購入した方のことです。この場合50歳以上の方のみが、『すまい給付金』の対象となります。
消費税が10%の場合は、収入額の目安が650万円以下(都道府県民税の所得割額*が13.30万円以下)という条件が追加になります。
*所得割額とは所得金額に対して課税されるものです。詳しい金額を知りたい場合は住居のある自治体で発行される「課税証明書」を取得すれば確認できます。

給付額の計算式は、国土交通省「すまい給付金」のサイトで確認ができます。
『すまい給付金』の給付額について

給付額だけじゃない。2種類のシミュレーションで分かることは?

給付額は、国土交通省の『すまい給付金』サイトでシミュレーションすることができます。かんたんシミュレーションとしっかりシミュレーションの2つがあり、それぞれ以下の内容を知ることが可能です。

かんたんシミュレーションで分かること

しっかりシミュレーションで分かること

消費税率が8%、10%と、それぞれの場合で給付額が計算されるため、お得に住宅購入をするタイミングも検討できますね。

シミュレーションに必要な書類はこれだ!

かんたんシミュレーションの必要書類

会社員の場合

特にありません。
家を共有で所有している場合には、自分の持分を調べておきましょう。また、年収の入力欄がありますが、おおよその年収でも計算は可能です。

事業主または確定申告を行う会社員の場合

会社員の場合とほぼ同様です。
経費や社会保険料控除額の入力欄があるため、それらが分かるものを用意するとより正確な結果となるでしょう。

しっかりシミュレーションの必要書類

会社員の場合

事業主または確定申告を行う会社員の場合

会社員の場合とほぼ同じですが、源泉徴収ではなく確定申告書の控えをご用意ください。

*シミュレーションで計算される金額は、一定のモデル条件に当てはめて計算しているので、あくまでも参考程度としてください。

CLOSE