住宅ローンの窓口ONLINE |

住宅ローンの窓口ONLINE

住宅ローン無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

住宅ローン無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
無料相談フォーム 来店予約

【マイホームをもっと身近に】不動産×テクノロジーの新アプリに注目

マイホーム購入をよりスムーズに

マイホーム購入をもっとスムーズに


VR(仮想現実)などのテクノロジーを利用した住宅販売を行う株式会社ジブンハウスは、VR研究の第一人者である東京大学の大石岳史准教授と株式会社アスカラボと共同して不動産の購入や住宅の活用に有効な新サービスを開発中です。今秋にもリリース予定で、実現すればAIがユーザーに特化した住宅構造の提案や、土地や不動産の購入サポートをするサービスが誕生します。

関連記事

最新技術で住宅購入をサポート

本サービスでできること

不動産購入がより自由で便利になるサービス

現在開発が進められているこのサービスは、消費者が住宅を購入する際、それぞれの生活スタイルや好みに合わせて、最適なモデルハウスと土地データベースをAIが検索し、提案してくれるというものです。

そして、提案された実際の土地でスマートフォンをかざすと、AR(拡張現実)技術によって建設予定の住宅を再現できます。実際に建物が建っているような、リアリティのある完成予想図をイメージすることができるという画期的なサービスです。

さらに、住宅の購入だけでなく、少子高齢化により社会問題となっている空き家対策にも活用していく方針です。土地と空き家、双方のデータベースを統合することで、土地を有効活用するための方法を提案したり、リノベーションされた状態まで表現できたりすることも可能になります。

忙しくて現地に何度も足を運ぶことができない人や、空き家の活用に悩む人のサポートが期待されます。

IT化が進まない不動産業界にテクノロジーを導入

不動産業界では、IT化の発展が課題とされてきました。そんな中、今回三者が共同研究することにより、AR/MR分野とAI(人工知能)を駆使した、最先端のテクノロジーと不動産との結びつきが実現します。

東京大学生産技術研究所の大石准教授は、遺跡を3次元データとして保存しMR(複合現実)空間上に再現するなど、AR/MR研究の第一人者として知られている存在です。その大石准教授が設立した株式会社アスカラボは、自身で開発したAR/MR技術をビジネスに活かすことを目指し、サービスの開発を行っています。

ジブンハウスは、VR空間に仮想の住宅展示場を作ることで、住宅の内覧をはじめ、EC(電子商取引)カート上で家を買うことができるという斬新なサービスを提供してきました。

これらの協業により、マイホームの購入や空き家の活用をよりスムーズに行うサポートが実現しそうです。依然としてIT化が進まないと言われる不動産・住宅業界。イノベーションを起こす本サービスのリリースが期待されます。

【ジブンハウス】概要

スマホ一台、「カートで家が買える」新時代のマイホーム購入サービス。サイト上で好みの家のスタイルを選択し「カートに入れる」を押すだけで、「マイホーム」をECカートに追加できる。家のカスタマイズ、見積もり、VRでの内覧、購入の相談まで、すべてスマホで完結させることが可能。忙しい現代人のライフスタイルに合わせた「新しい家の見つけ方・買い方」を提案し、マイホームの夢をもっと身近にすることを目標としている。

公式サイト:http://jibunhouse.jp/

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

住宅ローンのプロに
メールで相談

住宅ローンのプロに
気軽に相談

知っておきたい
住宅ローン金利ランキング

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
CLOSE