住宅ローンの窓口ONLINE | 住宅ローンの学校

住宅ローンの窓口ONLINE

電話で相談・予約(土日祝OK・10時〜19時)
無料0120-975-534
03-6432-0803 住宅ローン無料相談 来店予約

住宅ローンの学校

住宅ローンの窓口ONLINE

03-6432-0803 住宅ローン無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 無料相談フォーム
 電話相談  来店予約

2018年版|住宅ローン審査の申し込み、必要書類と要点まとめ

住宅ローンスペシャリスト

「日本一住宅ローンに強い会社」iYell株式会社に在籍する住宅ローンスペシャリスト。住宅ローンのことならなんでもお任せ。どんな質問にも親身になって答えてくれる。一見怖そうだが、とても気さくで、最近、自身もマイホームを購入して幸せオーラ全開。

住宅ローンの事前審査・本審査では、一体どのような書類が必要になるのでしょうか?
今回は審査に必要な書類をまとめてみました。住宅ローン審査をスムーズに通過させるためにも、あらかじめ必要書類を準備しておきましょう。注意したいポイントも併せてご紹介いたします。

CONTENTS

関連記事

審査をスムーズに進めるポイント

インターン
松坂
物件購入は住宅ローンの審査を避けて通れませんよね。スムーズに審査を通過するために注意すべきポイントはありますか?
住宅ローンスペシャリスト
赤神
審査時に必要な書類を事前に用意しておくことです。審査に必要な書類は、役所や会社、不動産会社など、あらゆるところから書類を取り寄せなければいけません。
もしも足りない書類があったら、用意ができるまで審査に出すこともできず、どんどん時間だけが経ってしまいます。また、審査に出したところで書類不備を理由に、金融機関から再送を求められることもあります。余裕をもって必要書類を準備し、万全の体制で審査を受けましょう。

審査には事前審査と本審査がある

インターン
松坂
住宅ローンの審査には事前審査と本審査があります。なぜ、2回も審査を行う必要があるのですか?
住宅ローンスペシャリスト
赤神
事前審査と本審査では、審査項目の内容が異なるんですね。そのため、2回の審査が必要なのです。なお、銀行の事前審査では、主に返済比率と担保評価を審査します。

ちなみに事前審査をせずに本審査を行うことも可能です。ただし、課税証明書や住民票といった費用が発生する書類を取得した後に返済比率で引っ掛かってしまうと、書類取得のお金や手間が無駄になってしまいます。効率よく済ませるためにも、事前審査を行うことが基本です。

事前審査では、申込者が住宅ローンを借りることができるか判断します。
この事前審査で申込者に返済能力がないと判断されれば、売買契約を結ぶことも本審査に進むこともできません。審査期間は短く、当日~1週間程度で審査結果の連絡があります。

一方で本審査は売買契約を結んだ後、正式に住宅ローンを利用すると決めた時に行われる審査です。申込者の返済能力や健康状態など、約1~2週間かけて詳しく審査します。事前審査に比べて、本審査は申込者を厳密に調査するため、審査申込時に必要な書類が増えます。

事前審査に必要な書類

基本的には以下の書類を用意しておけば問題ないでしょう。また、申込者の雇用形態によって必要書類も異なります。ここではサラリーマンや公務員の方に必要な書類をまとめました。

申込書類 事前審査申込書
本人確認 本人確認資料(運転免許証、パスポートなど)
健康保険証
収入関連 源泉徴収票(直近1年分)
購入物件関連 販売チラシ
物件の登記簿謄本
公図
その他の借り入れ状況 返済予定表など、契約内容やローン残高が分かる書類
住宅ローンスペシャリスト
赤神
あくまでも事前審査なので、提出書類はコピーで大丈夫です。また、運転免許証や保険証は必ず裏面もコピーしましょう。仮に裏面が白紙であったとしても、現住所を確認するために必要です。
そして、捺印する機会もありますが、事前審査は実印である必要がなく、認印でも問題ないことが多いです。しかし、シャチハタは認められないので気をつけてください。

本審査に必要な書類

本審査は「借入者は返済能力が十分にあるか」「返済不可能になったとしても、担保価値がある物件か」など、実にさまざまな審査項目があります。そのため、必要書類も多くなります。

また、雇用形態によって収入関連で必要になる書類が異なります。以下に、一般的な会社員が本審査で必要になる書類をまとめました。

記入書類
本審査借入申込書
個人情報の取り扱いについての同意書
団体信用生命保険申込書兼告知書
本人確認
本人確認資料(運転免許証やパスポートなど)
健康保険証
住民票
印鑑証明書
印鑑
収入関連
源泉徴収票(1期分)
課税証明書または住民税決定通知書
購入物件関連
物件の登記簿謄本
地積測量図、公図、建物図面
売買契約書
重要事項説明書
工事請負契約書または見積書(戸建ての新築)
建築確認済書(戸建ての新築・分譲)
住宅地図、チラシ、パンフレット

その他の借り入れ状況
返済予定表など、契約内容やローン残高が分かる書類
住宅ローンスペシャリスト
赤神
本審査は2つの注意点があります。
1点目は、実印を用いることです。実印とは住民票がある自治体に登録している印鑑のことです。
2点目は、書類の原本を提出することです。
本審査は正式な住宅ローン申請となるので、認印やコピーは認めてもらえません。
インターン
松坂
事前審査と同じ要領で印鑑と書類を用意してしまったら危険ですね。気を付けます!
それにしても購入物件に関する必要書類が多いですね。
住宅ローンスペシャリスト
赤神
そうですね。
購入物件に関する書類は『どんな場所に、どんな物件をいくらで購入するか』を証明する書類なので、必然的に量が多くなります。書類の多くは不動産会社が手配してくれるので、一人で悩まずに聞いてみましょう。

本審査の審査項目について知りたい人は、こちらをご覧ください。

住宅ローンの本審査とは?事前審査との違いと落ちる理由


銀行によっては提出を求められる書類

インターン
松坂
では、住宅ローンの審査に必要な書類は、上記の表にある書類のみ用意すれば大丈夫ですね!?
住宅ローンスペシャリスト
赤神
基本的には問題ないでしょう。しかし、銀行によっては上記の書類に加え、提出を求められる書類があります。
書類の不備がないように、銀行の案内をよく聞くようにしょう。また、金融機関のホームページで必要書類のチェックシートが公開されている場合もあります。こういった情報も上手に活用しましょう。

会社役員や自営業・個人事業主が提出する書類

会社役員を含む会社経営者や自営業者である個人事業主は、収入形態が一般的な会社員と異なります。そのため、収入関連の提出書類も異なります。事前審査と本審査で必要な書類を以下にまとめました。

収入関連の必要書類
事前審査 本審査
会社経営者
会社役員
源泉徴収票(3期分)
会社の決算書(3期分)
会社の納税証明(その1、その2)
自身の課税証明(3期分)
+事前審査書類
個人事業主 確定申告(3期分) 納税証明(その1、その2)(3期分)
+事前審査書類
インターン
松坂
会社の決算書や確定申告は必ず3期分を提出しなければならないのですか?
住宅ローンスペシャリスト
赤神
必ず3期分を用意してください。1~2期分では申し込みをすることはできません。基本的に会社決算書は財務諸表、附属明細といったすべての資料が必要になります。少しでも欠けたら審査が開始されないので気を付けましょう。

住宅ローンに必要な書類を知って審査をスムーズに

用意すべき必要書類がたくさんあって混乱しそうですね。チェックシートを活用して一つ一つ確認し、漏れがないように気を付けましょう。
慌てて書類の準備をして不備が見つかったら面倒です。時間に余裕を持って、書類の準備を計画的に行うことをおすすめします。
ご自身で書類を準備して、それでも不安に感じる方は、住宅ローンの専門家による無料相談をオススメします。事前に審査で必要な書類に不備がないかをプロに確認をするとミスもなく、非常に心強いですよね。お気軽にご利用ください。

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
CLOSE