住宅ローンの窓口ONLINE | 住宅ローンの学校

住宅ローンの窓口ONLINE

電話で相談・予約(土日祝OK・10時〜19時)
無料0120-975-534
03-6432-0803 住宅ローン無料相談 来店予約

住宅ローンの学校

住宅ローンの窓口ONLINE

03-6432-0803 住宅ローン無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 無料相談フォーム
 電話相談  来店予約

住宅ローンで後悔する6つの理由|専門家に聞いてみた

住宅ローンスペシャリスト

「日本一住宅ローンに強い会社」iYell株式会社に在籍する住宅ローンスペシャリスト。
大人の色気を漂わせて、住宅ローンを手取り足取り教えてくれる。
なお、紙面では公開しがたいあらゆる経験をしてきているため、社員からは住宅ローンはもちろんのこと、恋愛相談されることもしばしば。


マイホームを購入する際に、住宅ローンは切ってもきれない存在です。しかし住宅ローンの仕組みは複雑で理解しにくい部分が多いため、将来をよく考えずに住宅ローンを組んでしまう人もいます。その結果として後悔する人も少なからず存在します。
今回はこれからマイホームを購入する皆さんが住宅ローンで後悔しないために、住宅ローンを組んだ人が後悔する6つの理由を解説していきます。

CONTENTS

関連記事

住宅ローンで後悔する人が後を絶たない

インターン
松坂
田辺さんこんにちは!実は先日、知人から住宅ローンのことで後悔している人がたくさんいるという話を伺ったのですが、実際そうなのですか?
住宅ローンスペシャリスト
田辺
その通りです!住宅ローンで後悔する人は非常に多いんです。
住宅ローンの仕組みは複雑で理解しにくい上に、家を購入する段階ではみんな深く考えずに住宅ローンを組んでしまうんです。
今回は住宅ローンで後悔する6つの理由を解説していきます。住宅ローンで後悔するポイントを抑えて、理想のマイホーム購入を実現しましょう!

住宅ローンで後悔する6つの理由

1. 借りるお金の額が大きく、返済額が大きくなる

住宅ローンスペシャリスト
田辺
住宅ローンを借り過ぎてしまうと、返済は容易ではなくなります。数十年にわたって毎月返済していくので、無理のない範囲で借り入れ金額を設定することが必要です。
インターン
松坂
なるほど。住宅ローンは借りるときのことだけではなく、返済していくことも考えた方が良さそうですね。
住宅ローンスペシャリスト
田辺
そうですね。しっかりと返済のシミュレーションをしておかなくてはいけません。自分の年収から手取りを算出し、その上で毎月いくら返済していくのかをしっかりと考えましょう。

計画なく多額の住宅ローンを組んでしまうと、将来の自分が困ることになります。

  • 住宅ローンは借入だけではなく、返済することも考える
  • 住宅ローンの返済シミュレーションをして、無理のないプランを立てること

住宅ローンを組むときには上記2点に注意し、借りる金額を大きくし過ぎないようにしましょう。

2. 経済状況の悪化による給与の減額

住宅ローンスペシャリスト
田辺
例えば勤めている会社が倒産した場合もしくは降格や給与が減る場合などが考えられますね。住宅ローンを組んだ当初はその時の年収を基準に返済を考えるといいと思います。しかし10年後も自分が同じ会社に所属して、同額の給与をもらっているかはわかりませんよ。
インターン
松坂
私がマイホームを購入する時も自分の将来も考えた上で、無理のない返済計画を立てようと思います。
住宅ローンスペシャリスト
田辺
またボーナス払いで返済している人もいますが、ボーナスはカットされてなくなる可能性や金額が景気に左右されやすいので、返済が滞る可能性があります。気を付けてくださいね。
ボーナスのお金は将来のためにとっておいたり、繰り上げ返済をしたほうが返済計画としてはオススメです。

「自分は年収が高いから、他の人よりも高い返済プランでも大丈夫!」「ボーナスで一気に返済する!」などと自信満々に住宅ローンを組むことは非常に危険です。将来、何が起こるかは誰にもわかりません。経済状況が悪化した場合に備えて、背伸びをせず、余裕のある返済計画を立てましょう。

3. 頭金を多く支払ったため貯金が少なくなる

住宅ローンスペシャリスト
田辺
頭金は多い方がいいという意見がありますが、一概にそうとはいえません。逆に払い過ぎてしまった場合にもリスクが存在します。
インターン
松坂
なぜでしょうか?頭金を多く支払った方が、のちの返済額が減って楽になるのでは?
住宅ローンスペシャリスト
田辺
鋭い指摘ですね。それは確かに利点として挙げられます。しかし、反対に頭金を多く支払ってしまうと、手元にある現金が少なくなってしまうという問題が生じるんです。その結果として貯金が少なくなり、生活が苦しくなる恐れがあります。また急な出費に対応できなくなる可能性があるので、注意が必要です。
インターン
松坂
なるほど。頭金は払えるだけ払えばいいってわけじゃないんですね。

最初に頭金を多くし毎月の返済額を下げることも重要ですが、現在の生活や直近のライフイベントについてもよく考えて頭金の金額を決めましょう。

4. 売却が上手くいかずに住宅ローン返済に苦労

住宅ローンスペシャリスト
田辺
住宅ローンを組んでいる状態で不動産を売却するときには注意が必要です。なぜなら住宅の資産価値が住宅ローン残高よりも低い場合、その差分を自己資金で補わないといけないからです。
インターン
松坂
資産価値ってなんですか?
住宅ローンスペシャリスト
田辺
資産価値とは保有している建物や土地の価値のことをさします。建物の価値は基本的には年月とともに減っていくんです。
インターン
松坂
つまり、保有している家の資産価値が住宅ローン残額以下になった状態で売却したら、家を手放しても、継続して住宅ローン残額を払わないといけないんですね。売却のタイミングが重要ですね。

住宅の資産価値は年月とともに減っていきます。住宅を売却する際には、その時点での資産価値と住宅ローン残高をしっかり確かめましょう!

5. 単純に金利が低い変動金利を選んでしまう

住宅ローンスペシャリスト
田辺
変動金利の金利が低いからという理由で変動金利を選んでしまうことも非常に危険なことです。
インターン
松坂
将来、利息が変動する可能性があるからでしょうか?
住宅ローンスペシャリスト
田辺
その通りです。変動金利に金利上昇のリスクはつきものなのです。金利上昇のリスクをとって変動金利にするか、安定をとって固定金利にするかについては、よく考えるべきです。

変動金利と固定金利のメリットデメリットは以下の通りです。

金利の種類 メリット デメリット
変動金利 低い金利でお金を借りることが可能。 金利が上昇する可能性がある。
固定金利 金利が変動せずに返済額も変わらない。 金利が高めに設定される。

申し込み時に金利が安いからという理由で安易に変動金利を選ぶのは危険です。
仮に今後、金利が大幅に上昇してしまったら、返済しても住宅ローンがなかなか減らないという事態に陥ってしまうかもしれません。
反対に固定金利なら、払う金額は多くなりますが、金利が変動することはないので計画的な返済が可能になります。その時の自分の状況や未来を考えた上で、金利の選択をしていきましょう。

6. 離婚によって住宅ローンの返済が難しくなる

住宅ローンスペシャリスト
田辺
離婚した場合に、住宅ローンの返済はどうなるのでしょうか?夫婦が取る行動は下の3種類に分けられます。
パターン
不動産を売却して、売却益でローンを返済 住んでいた住居を売却して住宅ローンの返済に当てる方法です。住居の売却益が住宅ローン残高に満たなかった場合には、残りの残高を返済しないといけません。
名義人がそのまま継続して返済(名義人が家に継続して住む場合) 名義人が引き続き返済を続けます。名義人以外の夫もしくは妻が返済に関わっていた場合は、銀行との交渉の末、関係を解除するか、一緒に支払いを続ける必要があります。
名義人がそのまま継続して返済(名義人が家を出て行く場合) 出て行く名義人が返済を続けます。しかし、家に住んでいない人がお金を払い続けてくれる確証はありません。住宅ローンの名義を、継続して住む人に変えることが求められます。
インターン
松坂
家を買う前に、仮に離婚した場合のことを考えておく必要性がありますね。特に名義人が誰か、返済に名義人以外の人が関わっているか、住宅ローンの残高はどれくらいか、今の住宅の価値はどの程度かについては確認しておく必要がありますね。
住宅ローンスペシャリスト
田辺
そうですね。家を買うときに離婚について考える夫婦はほとんどいないとは思います。
しかし起こりうる可能性を全てを検討しておくことで、非常事態にも対処できますね。家を買うときには細心注意を払いましょう。

住宅を購入する際に離婚する場合に取る行動を決めるのは気がひけるかもしれません。
しかしもしもの時備えて準備をしておくことは大事です。大事なことは、マイホームである不動産をどのように扱うのか決めておくことです。このことは事前に決めておいた方が安全ですね。

住宅ローンで後悔しないように気をつけて

インターン
松坂
丁寧に解説していただきありがとうございます。何年先になるかはわからないですが、私もマイホームを購入する際には後悔しないように住宅ローンのことをしっかり考えます。
住宅ローンスペシャリスト
田辺
そうですね。早いうちから意識しておくに越したことはありません。住宅ローン対策をしっかりして、理想のマイホームを手に入れましょう!

皆さんどうでしたか?
住宅ローンは、実はちゃんと考えて組まないと後悔するポイントが多いということがわかっていただけたと思います。皆さんも6つのポイントに気をつけて、住宅ローンで後悔しないようにしましょう。

あなたに合った借入先がきっと見つかる!専門家が無料相談でサポート

人生の一大イベントであるマイホーム購入。後悔したくないですよね。そして、マイホーム購入をするにあたり必要不可欠な住宅ローン選びも非常に重要です。
あなたにピッタリの住宅ローンを、専門家による無料相談でご提案します。お気軽にご利用下さい。

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

住宅ローンのプロに
メールで相談

住宅ローンのプロに
気軽に相談

知っておきたい
住宅ローン金利ランキング

マイホームを手に入れるまでの段取り間違ってませんか!?

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
CLOSE