住宅ローンの窓口ONLINE |

電話で相談・予約(土日祝OK・10時〜19時)
無料0120-975-534
03-6432-0803 メールで無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

03-6432-0803 メールで無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 メールで無料相談
 電話相談  来店予約
2018/10/17

私たちの失敗|中古住宅購入ケーススタディファイル

住宅ローンスペシャリスト

「日本一住宅ローンに強い会社」iYell株式会社に在籍する住宅ローンスペシャリスト。住宅ローンのことならなんでもお任せ。どんな質問にも親身になって答えてくれる。一見怖そうだが、とても気さくで、最近、自身もマイホームを購入して幸せオーラ全開。

夢のマイホームを買ったつもりが失敗だった…なんて嫌ですよね。

中古住宅購入で失敗ー。そんなことにならないために何をするべきか。それは実際に購入して後悔している人たちの声を聞くことです!

この記事では、中古住宅の購入でありがちな失敗例を5つまとめました。その失敗からどんな対策をするべきなのか紹介しているので、ぜひ中古住宅選びに役立ててください。

関連記事

優遇税制により中古住宅市場は注目されているが……

インターン
松坂
赤神さん!私、最近民泊なるものを使ってみたんですけど、その家がどうやら中古住宅をリノベーションした物件だったらしくて。
とっても素敵だったんで、いつか私も中古住宅を買って自分好みにリノベーションしてみたいな〜、なんて思っちゃいました。
住宅ローンスペシャリスト
赤神
楽しそうだね!中古住宅は税制が優遇されたこともあり、今注目されている市場なんだよ。松坂さんみたいに民泊として利用するお客さんの需要もあるし。
でもね、中古住宅は見るべきところをしっかり見て購入しないと、失敗してしまうかもよ……。
インターン
松坂
え!たくさんのお金を借り入れて失敗しちゃうことは避けたい!
赤神さん、絶対に失敗しない中古物件の選び方を教えてください!
住宅ローンスペシャリスト
赤神
了解、絶対かどうかは保証できないけどね(笑)
まずは中古住宅を買った人がどんな失敗をしているのかみてみよう。

ありがちな中古住宅選びの失敗例

1.老朽化が予想以上だった

家は新しい方がいいと思ったら大間違い!?

住宅ローンスペシャリスト
赤神
さっそく松坂さんに問題。
築年数が5年の物件と10年の物件、どっちを買うべきだと思う?
インターン
松坂
それはもちろん5年の物件です。新しいに越したことはありません!
住宅ローンスペシャリスト
赤神
松坂さん……その考え方はとてもキケンだよ!
正解は、これだけの情報では物件を選ぶことはできない、でした〜!
インターン
松坂
ちょっと赤神さん、その回答はナシですよ……。

前の居住者のお手入れの程度やその住宅の周りの環境などで、傷み具合は大きく変わってきます。

築年数が浅いのに売りに出されている物件は、なぜ売りに出されているのか、疑ってかかりましょう。
もしかすると、築年数に比べて傷みがひどいかもしれません。

2.既存不適格建築物だった

インターン
松坂
きそんふてきかくけんちくぶつ?
住宅ローンスペシャリスト
赤神
これはね、その物件を建てた時は法に則っていたけど、法令の改正などにより、現行法に対して不適格な部分が生じた建築物のことをいうんだ。それを知らずに買ってしまうと、後から建て壊しをするときに面積が狭くなってしまうことがあるんだ。
インターン
松坂
無知は怖いですね……。
せっかく買うならしっかりリサーチしてから買いたいです!

3.耐震補強工事で高くついた

住宅ローンスペシャリスト
赤神
聞いたことがある話だと、耐震補強工事がされていない中古住宅を買って、あとあと費用が高くついてしまったケースがあるよ。
インターン
松坂
え!日本は地震大国だから耐震補強工事は全ての住宅に施されると思っていました!
住宅ローンスペシャリスト
赤神
そうだといいんだけどね。(笑)
工事の費用は築年数が長く、面積が広いほど高くなるんだ。
また補助金が出ている自治体があるから、家選びの時の参考にするといいかもね。

耐震性についてもっと知りたい方は、以下の記事も読んでみてくださいね。

【新築・中古別】フラット35Sにおける耐震性の条件を解説

4.近隣のことをよく調べていなかった

事前に調べておかないと大変なことに…!?

住宅ローンスペシャリスト
赤神
住宅そのものをしっかり吟味するのはもちろん大事だけど、その周辺環境をチェックするのも同じくらい大事なんだ。

チェックするポイントとしては、以下のようなものがあります。

  • 近隣住民の様子
  • 電車や車の音
  • 学校公園、医療機関などの有無
  • 買い物の利便性
  • 駐車場や駐輪場に余裕があるか
インターン
松坂
内覧はだいたい一度ぐらいかなと思っていましたが、何度も足を運ぶことで生活するイメージが湧きそうですね!
住宅ローンスペシャリスト
赤神
そうだね。また中古物件のメリットとして、現に人が生活していた場所だから環境が確認しやすい、という点があるよ。
マンションの管理体制や設備、居住環境を確認してみるのもいいね。

5.物件の築年数が原因で住宅ローン控除が受けられなかった

インターン
松坂
家を買うなら、みんな大好き「住宅ローン控除」も使いたいです!
浮いたお金でちょっとリッチなご飯を食べに行ったり……!
住宅ローンスペシャリスト
赤神
夢が膨らんでるね、松坂さん(笑)
でもね、築年数によっては控除が受けられない場合があることを知っておいて欲しいな。
インターン
松坂
そうなんですか……?

住宅ローン控除を受けるには、その物件が一定の条件を満たしている必要があります。

新築住宅・中古住宅共通の条件

  • 床面積が50平米以上
  • 本人が居住すること
  • 住宅ローンの借入期間が10年以上
  • 完成から半年以内に居住し、同年の12月31日で継続して居住すること
  • 控除を受ける年の年収が3,000万以内

中古住宅の時の条件

下の条件のいずれかを満たしていれば、住宅ローン控除が受けられます。

1.条件:耐久年数による制限

  • 耐火建築物(鉄筋コンクリートなど)のとき:25年以内
  • 耐火建築物以外(木造建築など)のとき:20年以内

2.条件:所定の耐震基準をクリアしているか

  • 耐震基準適合書の取得
  • 住宅性能評価書(耐震等級が一級以上)の取得
  • 既存住宅売買瑕疵保険の加入
インターン
松坂
中古住宅特有の条件はありますが、何か1つでも満たしていれば控除が受けられるんですね!
条件を知ってさえいれば物件探しにそれほど苦労はしなさそうです。

失敗しない中古住宅の選び方は?

ホームインスペクションを入れる

第三者の立場で家を見てもらいましょう!

ホームインスペクションとは、その家が欠陥住宅じゃないか、寿命はどのくらいなのかなどを第三者目線で診断してくれるサービス。
目視だと5~6万円、機材を使用する場合は10万円以上かかることもありますが、何千万という高価な買い物のための保険金と思えば安いとも考えられるでしょう。

ホームインスペクションについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

【体験談】購入前の建売住宅をホームインスペクターに診断依頼しました

物件とその周りの環境を五感で感じる

物件に足を運ばずに決めるなんて言語道断。床のきしみなど音に関係するものや家周りのニオイなど五感を使って確認することで、実際に引っ越した時にギャップを感じず住めますよ。

住宅ローンスペシャリスト
赤神
希望の物件には、時間の許す限り通うことをおすすめするよ。
購入前に気になるところは全て確認してしまおう!

中古住宅について学べるブログ3選

43歳 中古住宅を買いました

43歳で中古住宅を買ったブロガーが、購入前の話や住み始めてから思ったことなどの体験談を赤裸々に綴っています。

千日ブログー家と住宅ローンのはてなについて答えるー

本サイトでおなじみ、住宅ローンに詳しい千日さんのブログです。新築だけでなく、中古住宅の人におすすめの住宅ローンに触れている記事も多いので、要チェックです。

貧乏主婦、家を買う

このブログでは、借金があって貯金がなくても新築注文住宅を変えた体験談を綴っています。家を買うにあたって、できるだけ費用をおさえたい人は参考になると思いますよ。

失敗談は貴重な情報。後悔しない中古住宅選びをしよう。

家族みんな幸せに過ごせる住まいを手に入れよう。

住宅ローンスペシャリスト
赤神
こんな感じでどうかな?いい中古住宅を選べそう?
インターン
松坂
バッチリです!住宅ローンを組むことになったら、また赤神さんに相談させてくださいね!

家という一生に一度の買い物で後悔しないためにはズバリ確かめること。まずは自分で確かめて、専門的なところはプロに確かめてもらいましょう。そうすることで、納得の素敵なマイホームが見つかることでしょう。

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

住宅ローンのプロに
メールで相談

住宅ローンのプロに
気軽に相談

知っておきたい
住宅ローン金利ランキング

マイホームを手に入れるまでの段取り間違ってませんか!?

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
CLOSE