住宅ローンの窓口ONLINE |

電話で相談・予約(土日祝OK・10時〜19時)
無料0120-975-534
来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 来店予約

公開日:2018/10/17
更新日:2019/12/09

35年住宅ローンはリスク大!?リスクを避けるライフプランとは

公開日:2018/10/17 更新日:2019/12/09

20代男性
やっと夢のマイホームが見つかった!
この勢いでちょっと背伸びした住宅ローンにしよっかな。

夢のマイホーム購入と切っても切り離せないのが、住宅ローン。

でも、住宅ローンは借りられればオッケー!ということはないのです。

見落としてはならないリスクも伴ってくるのです。

20代男性
住宅ローンのリスクって?

住宅ローンのリスクは主に4つ。

  • 収入が下がったときに、住宅ローンが家計を圧迫するリスク
  • 金利が上昇するリスク
  • 気軽に引っ越しできないリスク
  • 家を売却するとき、住宅ローンだけが残るリスク

なぜこれらのリスクが伴うのでしょうか?

詳しくは後ほど解説いたします。

住宅ローンを軽く考えていたみなさん、必読です!

▼目次を見て気になる項目があったらタップすると飛べます▼
CONTENTS

住宅ローンが持つ4つのリスクとは?

35年住宅ローンはリスク大!?リスクを避けるライフプランとは

住宅ローンのリスクとは?


マイホーム購入に踏み切る前に、住宅ローンのリスクについて知らなくてはいけません。

住宅ローンには、次の4つのリスクがあります。

リスク1.収入が下がったときに、住宅ローンが家計を圧迫する

住宅ローンの何がリスクかと言えば、住宅ローンが家計を圧迫するリスクがまず挙げられます。

マイホームの購入では気持ちが舞い上がってしまい、背伸びした住宅ローンを借りがちですが、少し落ち着きましょう。

ほんの少し歯車がかみ合わなくなっただけで、住宅ローンの負担が重くなり家計を圧迫してしまいます。

  • 残業がなくなり、収入が下がった
  • 妻が妊娠して退職した
  • パワハラがあり、退職した

マイホーム購入時は、「この年収が、この先も続くもの」と仮定して住宅ローンを借りますが、残念ながら将来の収入の保証はどこにもありません

さらに収入だけでなく、支出が増えていくこともあります。

  • 子供の習い事が増えた
  • 子供が私立の学校に通った
  • 車の買い替えが必要になった
  • 親の介護が必要になった

支出が増えて家計を圧迫しても、賃貸なら家賃の安いアパートに引っ越せます。

しかし住宅ローンは一度契約したら、完済するまで同じ金額です。

しかもその期間は35年あり、住宅ローンの長い返済期間はリスク以外のなにものでもありません

リスク2.金利が上昇し返済額が増える

住宅ローンのリスクは、金利が上昇するリスクです。

変動金利では半年ごとに金利が見直され、金利が上昇し、返済額が増えることがあります。

固定金利では優遇期間が終了したときに、金利の上がるタイプが多いので、金利が上がると住宅ローンの返済額が増え、家計に重くのしかかります。

住宅ローンって、家賃みたいなものと考える人もいますが、金利で家賃が上がることはありません。

「今が最低金利」と言われており、これ以上金利が下がることは期待できない今、金利上昇するリスクは高い状況です。

リスク3.気軽に引っ越しできない

住宅ローンを借りるリスクは、引越しが気軽にできないことです。

もしも住宅ローンを借りたあとに、会社から転勤命令を言われたら、

  • 家を売却して、家族で転勤する
  • 家を賃貸に出して、家族で転勤する
  • 単身赴任する
  • 会社を辞める

この4つの選択肢しかなく、どれも気軽に選択できるものではないですよね。

しかし、賃貸であれば一時的に住まいを変えることは簡単です。

その点では住宅ローンを借りた場合、土地に縛られてしまい、今後のライフプランを考えると大きなリスクになってしまいます。

リスク4.家を売却するとき、住宅ローンだけが残る

住宅ローンのリスクは、日々の返済だけではなく家を手放す時も発生しがちです。

家を手放すとき、家の売却価格が住宅ローンより少なければ、住宅ローンだけが残ります。

つまり、

残ローン:2,500万円
売却時の価格:2,000万円

このようなケースでは、売却時に500万円のローンが残ります。

家を購入するときに売却を考えている方は、ほとんどいませんが、現実問題として売却するときにローンだけが残ったらどうするのでしょうか?

住宅購入とはつまり、家を売却してもローンだけが残るリスクを買うようなものです。

35年返済と20年返済の違いは?期間延長や期間短縮も視野に入れる

20代男性
35年返済と20年返済って、自分にはどっちが合ってるのかなあ?

それぞれの返済方法のメリットを挙げてみます。

【35年返済のメリット(フラット35)】

  • 安定的な返済プランを組める
  • 保証料や繰上手数料が無料
  • フリーランスや自営業でも借りやすい

【超絶まとめ】フラット35の仕組みと金利を徹底解析! 銀行系ローンとの違いとは!?

【20年返済のメリット(フラット20)】

  • より低い借入金利での借入れが可能
  • 総返済額が大幅に低下する

想定していた期間より延長することや、短縮することも視野に入れましょう。

ご自身の理想の形に合った返済方法を選ぶことが大切です。

リスクを避けるライフプランの設計方法が重要

35年住宅ローンはリスク大!?リスクを避けるライフプランとは

このように住宅ローンのリスクを洗い出してみると、「いや、家なんて買ってる場合じゃない」と妙に慎重になりがちです。

ですが大切なのは、そこではありません。

なぜならあらかじめリスクを避けるライフプランさえ立てておけば、これらのリスクを避けられるからです。

以下の4つのポイントが重要です。

  • 無理な住宅ローンを借りない
  • 収入が下がったときも見越しておく
  • 住宅購入後も、節約して貯金する
  • 住宅ローンは徹底的に選ぶ
20代男性
この4つのポイントを踏まえれば、住宅ローンを借りるのは怖くなくなるね!

まとめ

35年住宅ローンはリスク大!?リスクを避けるライフプランとは
住宅ローンを借りることが、大きなリスクなのは間違いありません。

しかしリスクだけではありません。

リスクとしっかり向き合いながら、夢のマイホームに向けてすすんでいきましょう

素敵なマイホーム生活を応援しています。

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

住宅ローンのプロに
気軽に相談

その場でお悩み解決

知っておきたい
住宅ローン金利ランキング

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
CLOSE