住宅ローンの窓口ONLINE |

電話で相談・予約(土日祝OK・10時〜19時)
無料0120-975-534
来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
 来店予約

公開日:2017/06/13
更新日:2019/01/25

画像でわかるe-Tax!住宅ローン控除の手順とメリットをわかりやすく解説

公開日:2017/06/13 更新日:2019/01/25

e-Tax申請手順

e-Taxを使った申請方法を簡単に説明すると、国税庁HPにある確定申告書等作成コーナーで、申告書を作成しe-Taxで申告するだけ。これだけでは分かりにくいと思いますので、少し掘り下げて説明していきましょう。

※【下記手順の画像について】出典:国税庁HP(Web-TAX-TV ■e-Tax(電子申告)で申告するための事前準備)を加工して作成

  1. e-Tax申請画面へ移動する
  2. 確定申告書等作成コーナーの「申告書・決算書・収支内訳書の作成開始」をクリック
  3. 申告書・決算書・収支内訳書の作成開始

    申告書・決算書・収支内訳書の作成開始

  4. 書面提出かe-Taxかが選べるので、「e-Tax」をクリック
  5. e-Taxを選択

    e-Taxを選択する

  6. パソコンのOSやブラウザなどの推奨環境を確認。問題がなければ次へ
  7. パソコンのOSやブラウザなどの推奨環境

    パソコンのOSやブラウザなどの推奨環境

  8. 事前準備セットアップファイルをダウンロードし、専用ソフトをインストールする
  9. 事前準備セットアップファイルのダウンロード

    事前準備セットアップファイルのダウンロードを行う

  10. 次の画面へ移動し、利用者識別番号をお持ちの方は「利用識別番号をお持ちの方へ」をクリックし、それ以外の方は「利用者識別番号をお持ちでない方」へをクリック
  11. 状況に応じて選択

    初めての方は、「利用者識別番号をお持ちでない方」をクリック

  12. 開始届作成コーナー画面にて必要事項を入力
  13. 必要事項の入力

    画面の案内に従い、必要事項を入力。入力後、「次へ」をクリック

  14. 入力内容確認画面で入力内容を確認し、入力内容に間違えがなければ「送信」をクリック
  15. 入力内容の確認

    入力内容の確認を行う

  16. 利用者識別番号を取得(オンラインで発行):今後必要となる情報が表示されるので「保存」か「印刷」をクリックし、来年まで大切に保存する
  17. 利用者識別番号の保存

    利用者識別番号は今後の申請で必要となるため、保存する

  18. 利用者情報の確認画面にて、表示内容を確認する。表示内容が正しければ、「次へ」をクリック
  19. 利用者情報の表示内容を確認

    利用者情報の表示内容を確認

  20. ICカードリーダライタにマイナンバーカード、もしくは、住基カード(住民基本台帳カード)をセットして「次へ」をクリック
  21. マイナンバーカードをセットして、次へ

    マイナンバーカードをセットして、次へ

  22. 公的個人認証サービスのパスワードを入力するなど、画面の流れにそって必要事項を入力。本画面でしようするバスワードは、マイナンバーカードを取得したタイミングで設定したパスワードになります。忘れてしまった場合は、各市区町村の窓口にお問い合わせください。
  23. パスワードを入力

    パスワードを入力

  24. 電子証明書の内容確認画面にて表示内容を確認し、「次へ」をクリック
    内容確認画面にて表示内容を確認

    内容確認画面にて表示内容を確認

  25. 電子証明書の登録画面にて、先ほど発行された、「利用者識別番号」と「暗唱番号」を入力し、「次へ」をクリック
  26. 必要情報を入力

    必要情報を入力

  27. 即日通知画面が表示されます。本表示内容は、万が一e-Taxでの手続きでエラーが起きた場合使用するため、還付金を受け取るまで大切に保管しましょう。なお、本画面は今後二度と表示されません。
  28. 即日通知画面の情報を保存

    即日通知画面の情報を保存

  29. 受信通知確認ボタンをクリックし、受信通知を確認します
  30. 受信通知を確認

    受信通知を確認

  31. 受信通知確認をした後、続けて確定申告書等作成コーナーから申告内容を入力、e-Taxで送信する

国税庁のHPでも、元の動画を見ることができます。15分ほどで申請方法をがわかるので、確認してみて下さいね。
動画はこちら

住宅ローン控除1年目と2年目の違いは何?

1年目は確定申告に

最初の住宅ローン控除は、確定申告を行う必要があります。準備書類を確認し、期限までに申告しましょう。サラリーマンの場合、確定申告は面倒なイメージがあるかもしれません。しかし書類を準備するなど、大変なのは1年目の手続きだけです。

2年目は年末調整で

2年目以降は、年末調整で住宅ローン控除ができますので、確定申告を行う必要はありません。1回目の確定申告をした翌年に、2年目以降の給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書が自宅に届きます。別途、年末までに送付される、住宅ローン残高証明書と該当する年の申告書を年末調整の際に会社に提出すれば大丈夫です(サラリーマンの場合)。

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

住宅ローンのプロに
気軽に相談

その場でお悩み解決

知っておきたい
住宅ローン金利ランキング

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
CLOSE