住宅ローンの窓口ONLINE | 住宅ローンの学校

住宅ローンの窓口ONLINE

住宅ローン無料相談 来店予約

住宅ローンの学校

住宅ローンの窓口ONLINE

住宅ローン無料相談 来店予約

住宅ローンの窓口ONLINE

メニューを開く メニューを閉じる
無料相談フォーム 来店予約

最大0.5%下がる?|フラット35の金利優遇条件、3つのポイント

iYell株式会社 代表取締役社長兼CEO

住宅ローン博士

当社の代表取締役兼CEOであり、日本一住宅ローンに詳しいと自負する「住宅ローン博士」。
2007年に新卒で、住宅ローンを専門に取り扱うSBIグループのモーゲージバンク(現 ARUHI)に入社し、最年少で役員に就任。
2016年に独立し、金融機関や不動産会社向けのコンサルティングやセミナーなどを多数開催。

ビジネスウーマン
フラット35には金利優遇されるサービスがあることをご存じでしょうか。数パーセントの優遇で返済額は大きく変わります。
今回はいえーる すみかる編集部の大学生インターンが、日本一住宅ローンに詳しいと自負する住宅ローン博士「窪田 光洋」に詳しく解説してもらいました。

CONTENTS

関連記事

フラット35とは

フラット35とは住宅金融支援機構の住宅ローン商品です。実際の申し込みは、みずほ銀行などの民間金融機関から行います。
なお、住宅金融支援機構とは民間の企業ではなく、独立行政法人になります。

インターン
松坂
35年もの長期間、固定金利で住宅ローンが組めるのは安心だと感じられました。
一方、変動金利のように、自分ではコントロールできない金融情勢に影響して変動となると、どうしても不安を感じてしまいますね……
住宅ローン博士 窪田
その気持ち、分かります。
私も固定金利のフラット35は返済予定が立てやすいという理由から、住宅ローン検討者にオススメする機会が多いですよ。
インターン
松坂
ただし、固定金利は少し金利が高いイメージがあります。
なんとか低金利でフラット35の住宅ローンを組む方法ってないのでしょうか。

住宅ローン博士 窪田
フラット35は、一定条件で金利が優遇されてお金を借りることができますよ!
早速、フラット35の金利優遇についてご案内しましょう。

フラット35で金利が低くなる3つの施策内容と条件

2017年10月に、フラット35の金利優遇施策が発表されました。主な内容は下記3つです。

1,フラット35S
2,子育て支援型
3,地域活性化型

どれだけ金利が優遇されるかというと、ずばり「0.25%」金利が低くなります。その優遇対象期間は5年から10年です。

インターン
松坂
0.25%はインパクトがありそうです!
例えば、4,000万円の借入額で計算すると、1年間で10万円もオトクですね。
住宅ローン博士 窪田
2018年3月時点でも、これまでにないほどの低金利なんです。その金利がさらに低くなるのですから、利用者にはうれしい施策と言えるのではないでしょうか。

インターン
松坂
そうですよね!
それぞれの条件について教えてください!

1. フラット35S

フラット35Sは性能が優れている住宅に限り、低金利でお金を借りることができる住宅ローンです。

そしてこのフラット35Sには、2つの優遇内容があります。

・フラット35S 金利Aプラン:10年間0.25%引き下げ
・フラット35S 金利Bプラン:5年間0.25%引き下げ

大きな違いは、金利優遇期間と条件です。住宅性能によって、どちらの金利優遇プランを受けることができるのかが決まります。

ちなみに、10年間もの金利優遇が受けられるAプランの条件は、Bプランよりも厳しくなっています。

インターン
松坂
フラット35Sの金利優遇のプランは、住宅性能によって決まるんですね。
でも、住宅性能とはどういった内容なんですか?
住宅ローン博士 窪田
大きくは4項目に分かれます。
省エネルギー、耐震性、バリアフリー、耐久性の4項目です。
詳細の条件については、こちらの記事でも説明しているので参考にしてください。
フラット35をお得に借りるための「適合証明書」の取り方

適合証明書の取り方|フラット35をお得に借りるために

2. 子育て支援型

子育て支援型は、5年間にわたって金利を0.25%引き下げる優遇施策です。

大まかにいうと、下記2つの条件を満たす方が対象となります。

・若年子育て世代である
・親が住んでいる住宅の近くに住宅を購入する

優遇を受けるための条件は、地域によって異なります。フラット35で住宅ローンを組む時は、自治体に問い合わせをして確認しましょう。

もう1つ注意して欲しいポイントは、予算金額に達したら終了するということです。

予算額に到達して受付が終了する場合は、3週間前までに住宅金融支援機構のホームページで告知されます。検討のタイミングでチェックしましょう。

住宅ローン博士 窪田
家族が増えるタイミングで家を買う人が多いと思うので、ぜひ利用してほしいですね。
インターン
松坂
私が家を買う時も、この制度が続いてたらいいなぁ。

また、自治体がフラット35子育て支援を実施しているかは、フラット35のサイトから確認できます。

3. 地域活性化型

地域活性化型も子育て支援型と同じく、5年間にわたって金利を0.25%引き下げる金利優遇施策です。

対象条件は大きく2つあります。
・大都市圏から地方への移住がきっかけで住宅購入
・居住誘導区域外から居住誘導区域内の移住で住宅購入

インターン
松坂
1点目の地方移住の条件はイメージがわきます。でも、2点目の居住誘導区域とは何でしょうか?
住宅ローン博士 窪田
簡単にいうと、自治体が都市再生を図るため、「この区域に住んでくださいね」と、勧めている地域のことです。

人が住むエリアを限定することで、インフラ維持などのコスト削減ができるといったメリットが自治体にあります。

0.5%も金利が5年間低く!フラット35Sと併用

これまでフラット35における、3つの金利優遇施策についてご案内しました。
ここでお伝えしたい大事なポイントは、複数の優遇条件を併用して金利優遇が受けられることです。

インターン
松坂
つまり、フラット35Sと子育て支援型を併用すれば、0.5%も金利が低くなるんですか!?
住宅ローン博士 窪田
そのとおりなんです。期間は限定されますが、0.5%の金利優遇はうれしいですよね。

フラット35SのAプランと子育て支援型を併用した場合、金利引下げは以下のようになります。

・1〜5年目:0.5%の金利引下げ
・6〜10年目:0.25%の金利引下げ

アルヒ子育て・地域型金利表

出典元:ARUHI

こちらは実際のARUHIの金利(2018年3月15日時点)です。子育て支援型・地域活性化型を利用した場合の金利が掲載されています。
こちらを参考にフラット35Sと子育て支援型・地域活性化型を併用した場合の金利も計算してみましょう。

金利は金融機関や時期によって異なりますので、利用を検討している金融機関に確認するといいでしょう。

金利が優遇されるフラット35は必ず検討を!

フラット35金利優遇の内容についてご紹介いたしました。
0.25%の優遇を併用すると最大0.5%の金利優遇が受けられるという、利用者にとっては大変すばらしい内容となっています。
住宅ローンを検討される際は、自分がフラット35の優遇を受けることができるのか確認してみましょう。

住宅ローンについてもっと知りたい・・・

住宅ローンのプロに
メールで相談

住宅ローンのプロに
気軽に相談

知っておきたい
住宅ローン金利ランキング

この記事は役に立ちましたか?

もっと知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら

住宅ローン無料相談はこちらから♪

住宅ローン無料相談
住宅ローンについて聞いてみたい、もっと知りたいという方は、お気軽にご相談下さい♪
ページトップへ戻る
CLOSE